企業情報

会社概要

会社名 株式会社メジャース
英文名称 Majors Inc.
本 社 〒106-6115
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー15F
代表者 山本 浩之(代表取締役社長)
役員構成 難波 弘匡(取締役)
井上 尚紀(取締役)
新堀 進 (社外監査役)
設 立 2007年8月8日
資本金 2,000万円
事業内容 プロダクト事業
マーケティングプロデュース事業
事業許可番号 一般労働者派遣事業
[般 13-304953]
プライバシーマーク [第 10861988号: JIPDEC]

アクセス

株式会社メジャース
【住所】
〒106-6115
東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー15F
【アクセス】
東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩0分
(コンコースにて直結)
都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩4分
都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩5分

経営陣紹介

代表取締役社長 山本 浩之
ソフトバンクフォーラム株式会社にてイベントオーガナイザーとして企業のマーケティングを多数プロデュース。
その後、サン・マイクロシステムズ株式会社にてマーケティング部門の広報宣伝業務を統括。
2007年 株式会社メジャースを設立 同社代表取締役社長に就任

代表ごあいさつを見る

  • 取締役

    難波 弘匡


    2008年 ハイアットホテルズアンドリゾーツ 入社
    2010年 株式会社メジャース 入社
    2015年 取締役 就任
  • 取締役

    井上 尚紀


    1988年 カネボウ株式会社 入社
    2000年 EMCジャパン株式会社 入社
    2001年 サン・マイクロシステムズ株式会社 入社
    2005年 同社ストレージ営業本部長就任
    2009年 ネットワンシステムズ株式会社 入社
    同社マーケティング本部長
    同社広報・IR室長
    2016年 株式会社メジャース 取締役就任
  • 社外監査役

    新堀 進


    1974年 ソニー株式会社 入社
    ロータス・ジャパン常務取締役
    ソフトバンク・フォーラム代表
    ナイキ・ジャパン常務取締役
    2005年 エグゼクティブ・コーチングをビジネスとする株式会社プロシードワンを設立
    2011年 株式会社テン・グループ・ジャパン 代表取締役
    2016年 株式会社メジャース 監査役就任
 

沿 革

2007年 8月 株式会社メジャース 設立
マーケティングコンサルティング、イベントプロモーション事業を開始
9月 資本金を1,000万円に増資
2008年 5月 業務・人員拡張に伴い、清水ビル(港区南青山)に移転
2010年 1月 プライバシーマークを取得(第 10861988号: JIPDEC)
7月 業務・人員拡張に伴い、ヴァンセットビル(港区南青山)に移転
2011年 8月 一般労働者派遣事業を取得(般13 - 304953)
2013年 1月 業務・人員拡張に伴い、313南青山ビル(港区南青山)に移転
2014年 9月 資本金を2,000万円に増資
Marketo社とのリセラー契約締結
2015年 6月 業務・人員拡張に伴い、六本木ヒルズ(港区六本木)に移転
2017年 6月 『 Event Cloud Mix 』リリース

ブランディングストーリー

CORPORATE

MAJORS

MAJOR(メジャー)という言葉は「一流」という意味があります。

私たちはマーケティング領域において一流の専門性あるプロフェッショナル集団を目指しています。
また、次世代のプロフェッショナルな人材を育成し成長できる環境づくりを進めています。

人と人、企業と企業をつなげ未来の社会の発展に貢献することを目指して
「メジャース」という社名に想いを込めています。

PRODUCT

MAJORS

Event Cloud Mix のロゴの3つの円は、イベントに欠かせない存在である、主催者、協賛者、参加者を表現しています。
3者がバランス良く交わる(mix する) ことで新しい価値が創造されることをイメージしています。

ミックスの語源は、マーケティングミックスから意味をとっています。
マーケティングミックスには 4P + 4C のフレームワークがありますが

ProductCustomer Value(お客様にとっての価値)
PriceCost(お客様にとってのコスト)
PlaceConvenience(お客様にとっての利便性)
PromotionCommunication(お客様にとっての多様性)

Event Cloud Mix は、新たな価値を提供する「ものづくりとコトづくりの一体化」 として、
「4P」と「4C」双方の視点から設計と反映をいたしました。

お客様にとっての価値は「新しい機能」に反映しました。
お客様にとってのコストは「低価格で定額制」に反映しました。
お客様にとっての利便性は「使いやすさ」に反映しました。
お客様にとっての多様性は「100を超える機能」に反映しました。

Event Cloud Mix は、これらすべてがワンストップでつながり、
お客様の価値に感じていただけることを柱として、この製品のロゴと名称に想いを込めています。