情報セキュリティ基本方針

株式会社メジャースは、マーケティングサービス等を行う事業者として、品質の高いサービスを提供することにより、更なる顧客満足度を提供できる企業となるべくことを事業理念として掲げ、それに相応しい組織となるために、当社が取扱うお客様情報ならびに当社が取り扱う情報資産について、社会的責任を十分に認識して、本人の権利利益を保護し、関連法規制等を遵守致します。

また、以下に示す方針を具現化するために、国際規格であるISO 27001に準拠した情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的な改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。
その目的のために、下記の情報セキュリティの行動指針を定めるものとします。

また、以下に示す方針を具現化するために、個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的な改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。

――行動指針――

1.
当社は、情報セキュリティマネジメントシステムの確立と継続的な改善を実現するため、定められた手順を用いて情報資産リスクを明らかにし、適切なリスク対応を実施します。
2.
当社は、情報セキュリティに対する役割及び責任を明確に定め、情報資産を適切に管理します。
3.
当社は、情報セキュリティを維持する責任を自覚させるために、経営者・従業員及び関係者全てに、教育・啓蒙活動を行います。
4.
当社は、情報セキュリティマネジメントシステムが実施されていることを監視・記録し、情報セキュリティ目的の設定とその達成、定期的な内部監査・マネジメントレビューによって、運用の確実性を高め、継続的な改善を図ります。
5.
当社は、万一、情報セキュリティ上の問題が発生した場合、直ちに、原因を究明しその被害を最小限にとどめると共に、事業継続性を確保するよう努力します。
6.
当社は、情報資産及びその取扱について、法令やその他の社会規範、顧客との契約を順守します。

本方針は、全役員並びに従業員に配布して周知徹底させると共に、当社のホームページ(http://www.majors.co.jp/privacy/index.html)に掲載することにより、いつでも、どなた様でも入手可能な措置を講ずるものとします。

制定:2016年8月1日

株式会社メジャース

代表取締役社長 山本 浩之